本文へスキップ

TEL. 042-759-7440

〒252-0231 相模原市中央区相模原6-24-14光南ビル

周波数シンセサイザ(Frequency Synthesizer)

○○○○○○○○イメージ

DTV-2010  UHFシンセサイザ

DTV-2010は最新のPLLデバイスを採用して設計された低雑音、高分解能周波数シンセサイザです。周波数範囲は430MHz〜900MHzを最少分解能1Hzで設定可能です。位相雑音レベルはDVB-T規格に対して-5dB、10Hz〜1MHzの積分雑音-55dBc以下を実現しており、主に放送機器や試験信号発生器などに適しています。VHF版の製作も可能です。 90L×92W×16H (mm)

○○○○○○○○イメージMicrowave シンセサイザ

TV放送用マイクロ波帯OFDM伝送システム向けに開発したシンセサイザです。 周波数範囲は2タイプ、6.3GHz〜7GHzのタイプ6751と10.1GHz〜10.55GHzのタイプ1052があります。高性能なTCXO内蔵で0.5ppm(-20℃〜+70℃)の安定度と低位相雑音を実現しています。ケース両側には、振動衝撃を緩和するゲル用スペースを設けているため、ポータブル製品への搭載に適しています。55L×56W×16.25H (mm)

○○○○○○○○イメージWide-band シンセサイザ
TV放送用マイクロ波帯OFDM伝送システム向けハイエンドの製品です。周波数範囲は4.3GHz〜9.3GHzの他、指定1波の2nd Localも内蔵しているオールインワンシンセサイザです。この製品にはピエゾ効果抑圧のための専用設計が施されていますので、温度衝撃による位相変動が発生しません。
110L×65W×21H (mm
)





○○○○○○○○イメージUltra低雑音 X-Band シンセサイザ
世界最高クラスの低雑音を実現したX-Bandシンセサイザです。
周波数範囲は9GHz〜10GHzを1MHzステップで可変します。高性能なOCXOをに基準信号源として内蔵していますので周波数安定度にも優れており、放送、通信はもとより、各種レーダー装置の信号源として最適です。
90L×90W×28H (mm
)





○○○○○○○○イメージSwitchable シンセサイザ
通常シンセサイザの周波数設定は外部からシリアルデータを設定しますが、予め決められた範囲の1波のみを使用する場合は本製品のようなスイッチ切替方式をお奨めいたします。チャンネル数は標準16チャンネル、オプションでご希望数までプリセット可能ですので、周波数が決まってから出荷までが短納期な製品への標準化に適しています。90L×92W×16H (mm)



    カタログは参考仕様です。すべての製品は、お客様仕様で設計製作いたします。


バナースペース

株式会社システックリサーチ インク

〒252-0231
相模原市中央区相模原6-24-14光南ビル

TEL 042-759-7440
FAX 042-759-3234