本文へスキップ

TEL. 042-759-7440

〒252-0231 相模原市中央区相模原6-24-14光南ビル

特注品(Special order item)

 すべての製品は、お客様仕様で設計製作いたします。

  写真をクリックすると拡大します


○○○○○○○○イメージ42GHz UP Convertor Modul

ARIB STD-B43(*1)向けの送信機用に開発したアップコンバータです。ダブルコンバータ回路、Local、パワーアンプ、SIW技術(*2)を駆使し一体化していますので、ミリ波送信機の小型化が実現できます。IFはOFDM400MHzを入力、41GHz~42GHzハーフモード(BW60MHz)を100mWで出力します。ローカルには低雑音シンセサイザを内蔵し、16チャンネル切替により全帯域をカバーしています。

*1:テレビジョン放送番組素材伝送用 可搬形ミリ波帯
   デジタル無線伝送システム
                          *2:Substrate Integrated Waveguide


○○○○○○○○イメージLocal Unit

低雑音PLOを複数個組み合わせ、MMICスイッチにより高速で切り替えるローカルユニットです。信号純度を必要とする装置に使用されています。









○○○○○○○○イメージUP/Down Convertor Unit

地上波デジタル放送の簡易送信機用アップダウンコンバータユニットです。OFDMのIF信号を1MHzステップでUHF帯にアップコンバート及び同UHF信号をダウンコンバートしIFに戻します。当社独自のインテグレーション技術で低雑音シンセサイザを内蔵し、コンパクトかつ薄型に仕上げました。









○○○○○○○○イメージ試験信号発生器

複数の被測定物を同時測定するための試験信号発生器です。
シンセサイザやPLO単体ではなく、計測器のひとつとして使用したいとのご要望により製作しました。信号発生器には計測器を同期するための基準信号源の他、被測定物用のマイクロ波帯及びミリ波帯信号をすべて同期させて出力しています。電気的仕様、外観構造など、すべてお客様仕様で製作いたします。








○○○○○○○○イメージ特殊形状のPLO

この製品は、海外製品の置き換え用に設計したPLOです。少し変わった形をしているのは、置き換えに際してお客様側の構造は一切変更なしで、従来品の脆弱性を補強するために直結構造からフローティング構造に変更しているためです。外形寸法も一回り以上小さく、従来製品にはない16チャンネルプリセット機能が内蔵されています。








○○○○○○○○イメージ屋外用受信機

屋外で行われるイベントではマラソン中継のように、被写体が数十km移動する場合があります。映像や音声は車やバイクに乗ったカメラマンからマイクロ波で送信されますが、送信場所は常に被写体とともに移動するため複数の受信点が必要になります。それらのニーズから、マイクロ波の放送信号を劣化させることなく受信し、必要最小限の機能に絞った低コスト簡易受信機を製作しました。
現在、各地のロードレース等で活躍しています。








○○○○○○○○イメージ42GHzワイヤレスカメラ用送信機・受信機

NHK放送技術研究所様のご依頼により製作したワイヤレスカメラ用の送信機・受信機です。

写真:上
カメラ側の2出力MIMO(*3)送信機です。2008年12月31日の第59回紅白歌合戦以降毎年、お茶の間に映像をお届けしています。

写真:中、下
屋外イベントではカメラマンの撮影範囲が広くなります。そのような場合でも、無線回線が途切れることなく安定した信号を送るためのワイヤレスカメラ専用中継装置です。
高校野球中継やゴルフ中継などに使用されています。


*3:multiple-input and multiple-output












バナースペース

株式会社システックリサーチ インク

〒252-0231
相模原市中央区相模原6-24-14光南ビル

TEL 042-759-7440
FAX 042-759-3234








サービス/製品一覧 - 株式会社システックリサーチ インク